血液サラサラにする食品は豊富にある|毎日の食事に工夫を

  1. ホーム
  2. 手のアンチエイジング

手のアンチエイジング

手

手の老け見えを避ける

ハンドベインは、年齢とともに手の甲に血管が浮き出て見える状態をいいます。加齢で肌のコラーゲン量が減少したりすると、弾力が失われてきます。特に手の甲は肌の弾力低下が顕著に出る場所で、弾力が失われるとともに血管が浮き出たようになってしまいます。また、肌のしなやかさが失われても、ハンドベインの症状が出ます。柔軟性のある肌は肌表面の表皮が厚いため、手の甲の血管をカバーしやすくなります。しかし、紫外線ダメージや肌の老化が起こっていると、表皮が薄くなって血管が目立つといわれます。さらに、血管年齢が高くなるのも原因となります。柔らかくしなやかな血管は、あまり目立たないのですが、生活習慣や食生活の影響で血管が固くなると、手の甲で盛り上がって見えるようになります。脂肪分や糖分の多い食事を好む方に、血管年齢上昇の傾向があります。

改善方法を検討

ハンドベインを改善するには、手の甲の肌を柔らかくハリのある状態に保つことが重要です。年齢とともに減少する肌に必要な成分を補うのが、初めのステップです。ハンドクリームなどを使用して、肌のふっくら感を保つのも良い方法ですし、コラーゲンなどの美容成分を内側から補うのも効果的です。ただし、ハンドベインがかなり目立って深刻な状態になっているなら、医療機関で改善することもできます。レーザー治療などを用いることで、ハンドベインが緩和されます。医療機関によって施術方法や内容は異なりますが、入院の必要はなく日常生活にも支障が出ない施術がメインです。費用なども含めて検討できるので、医療機関で相談するのもハンドベイン解消をしやすくします。